発生が予想される損益

2014.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

先物取引では株式のようにずっと保有し続けることができず、それぞれの商品に満期日があります。この日を迎えると、約定することになるので損益は確定することになります。そのため、先物取引ではそれぞれの商品の満期を目処に売買することになります。満期を迎えても継続して保有したいときはロールオーバーと言って、違う限月の商品に乗り換えることになります。このロールオーバーは基本的はいつ行なっても良いのですが、大抵は満期に近くなってからポジションを取り直すことが一般的です。早めに新しい限月の商品でポジションを取ってしまうと、満期を迎えるときまでに予想とは反対に相場が動くこともありえるので、そうなると投資の形勢は不利になります。逆にポジションを取るのが遅すぎても、すでに相場が上がっていると下がるまで待たなければ状況が不利になることもあるので、本当に将来の相場を読むことが重要なポイントになってきます。先物取引はこのように満期を迎えると約定することになるので、しっかりとその期限を目処にして取引を進める必要があります。何かを保有したまま放置しますと、勝手に約定されることになるので、これは気をつけなければなりません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。