買いヘッジ

2014.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

将来買いをする予定のあるものをヘッジするための買いの投資のことを言います。

例えば石油を輸入販売している会社が、半年後にガソリンメーカーに今の相場100円で売る契約をしました。
しかし、当然半年後のために今から石油を輸入して寝かしておくには、効率も悪くまた保管費用もかかってしまいます、
だからと言って半年後の石油の相場価格が150円に値上がりしていたとしたら、100円で売る契約をしているため、
50円の損失を出してしまいます。
そこで、先物取引で買いのポジションを持ちヘッジをするのです。

この場合100円で買いのポジションを持ち、半年後に150円になっているとしたら、150円の石油をガソリンメーカーに、
100円で売ることになるので、50円の損失です。しかし、先物取引で100円の買いポジションを立てていたために、
50円の利益が発生しているわけですから、損失を出さずに済んだことになります。

では、逆に値下がりをしてしまった場合はどうなるかと言うと、石油の価格が50円になってしまったら、
先物では100円の買いポジションを持っているので50円の損失です。
しかし、ガソリンメーカーには100円で売ることは決まっているので、50円の利益がでてやはり損失は無いのです。

このように、将来買うものを先に購入しておいて、相場の変動リスクを避けることを買いヘッジと呼びます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。