買い手の損益

2014.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

先物取引は、将来の価格を元にして現在の取引を行うことになります。先物取引では、約束した価格で取引を行うことになりますから、約束した価格と市場の価格との差によって損益が決まります。
買い手の場合、買う約束をするわけですから、安く買うことができれば利益を得る事ができます。例えば、約束した価格が1万円で、市場の価格が1万1千円になっていた場合、1万円で買うことができますから1万円で買い、そして市場で1万1千円で売れば1枚当たり1千円の利益を得る事ができます。約束した価格よりも市場価格が高くなっていれば、その差額が利益となるのです。
逆に、市場価格が下落すると損失を発生させることになります。例えば、約束した価格が1万円で、市場価格が9千円となっていた場合、1万円で買わなければなりませんが、1万円で買っても市場では9千円でしか売ることができません。この差額の1千円が損失となるのです。
一つの式で表せば「市場価格-約束の価格」だと考えられます。将来の価格を予想することが必要となってくるのですが、このためには原資産のファンダメンタルズを分析するという方法もありますし、もう一つとしてテクニカル分析も良く用いられます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。