先物取引の仕組み

2014.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

先物取引をするときは仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。仕組みとして最も重要な点は証拠金取引になっていることです。まず、投資資金を証券会社に預けることになり、その後に取引をすることができるようになります。そして、証拠金として資金を預けると、預けた資金よりも大きな資金を使うことができるのも特徴のひとつで、少ない資金でも大きな取引をすることができるので小額でも稼ぎやすいものです。しかし、相場の状況によっては思惑とは逆に相場が動き、小額でも大きな損失を被ることもあります。この損益を被るとき、維持証拠金が足りなくなると追証金が発生します。これは資金が足りないので資金を追加しなければならないというものです。追証金が発生して資金を追加することが出来ないと、保有しているものは自動的な約定されてしまいます。そして、それでも維持証拠金が足りないときは何も保有していなくても追証金を追加する必要があります。先物をするときは何よりもこの証拠金取引についてしっかりと内容を把握しておかなければ、大きな失敗をすることがあります。とても相場が大きく変動すると、利益も損益も膨らみやすい投資なので、しっかりと理解してから始めたいものです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。