先物取引とスペキュレーション

2014.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

先物取引は、本来はリスクヘッジをするためのものです。リスクヘッジをするためにコストがかかりすぎると不便ですから、必要な資金を小さくしているのが特徴の一つだと言えるでしょう。そのためのものが証拠金制度で、少ない証拠金で大きなポジションを持ち、それによって原資産のリスクヘッジができるようになっています。
少ない資金で取引ができるということですが、これは原資産を持っていなくても可能です。これを利用すれば、資金以上の取引を行うことができます。このような方法で利益を得る事をスペキュレーションと呼びます。
原資産のリスクヘッジに用いるわけではありませんから、ずっと保有するわけには行きません。例えば、先物で買ったとしても、実際にそれを必要とするわけではありませんから、どこかで売らなければならないのです。ですから、買えば売らなければなりませんし、売れば買わなければなりません。買った価格よりも高く売ったり、あるいは売った価格よりも安く買い戻したりすることによって利益を得る事ができるのですが、このような方法で履歴を得る決済方法を差額決済と呼びます。また、買った後の売り家、売った後の買いのことを反対売買と呼んでいます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。