売りヘッジ

2014.6.15|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

売りヘッジとは将来、売却する予定のあるものを相場価格の変動の影響を受けないようにヘッジするための取引です。

例えば農家などのような、相場の影響によって収益が安定しないのを防ぐためなどに使われます。
大豆農家が現在作っている大豆で安定的に利益を出していくには現在の相場の100円で売る必要があるとします。
ここでヘッジをせずに収穫期になって、相場価格が上昇をしていれば良いのですが下落していた場合、損失を出してしまいます。

そのような値下がりのリスクを避けるために、先物取引で売りポジションを持つことでヘッジができるのです。
ポジションを持っていた場合、半年後に大豆の価格が150円に値上がりしていた場合、100円で売るポジションを持っているため、
50円の損失を出してしまいます。しかし、実際には収穫した大豆が150円で売れるため50円の利益がでて損失は発生しません。
当初の目的どおり100円で売ることができたのと同じことになります。

では、値下がりをしてしまった場合はどうなるかと言うと、価格が50円になった場合100円の売りポジションを持っているため、
50円の利益がでます。しかし、収穫した大豆は50円でしか売ることが出来ないので50円の損失が発生し、やはり損益は0です。
しかし、売りポジションを持っていたことで損失を出すリスクをヘッジすることができたのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。